勤怠管理ブログ

100%を目指してはいけない vol.370

勤怠管理システム以外にも当てはまるかと思いますが、100%を目指してしまうと費用対効果が著しく悪化してしまいます。 勤怠管理システムの場合、全従業員が現場で利用する為、様々なケースへの対応が求められます。 現場で起こる全…もっと読む »

勤怠データの活用方法 vol.369

勤怠管理システムから得られるデータの活用方法の一例をお伝えしたいと思います。 有給休暇の取得率や、平均残業時間といった情報として、求人情報に活用することは簡単にイメージできると思います。     勤怠…もっと読む »

勤怠管理システムの初期設定は設定作業だけではありません。   設定作業の前後には、「導入効果を左右する要件定義」と「信頼性を担保する動作検証」が存在します。 自分で初期設定を行う場合、なんとなくこんな設定にしよ…もっと読む »

勤怠管理システムの選定は慎重に vol.367

クラウドサービスでの提供が主流になり、価格が安価になっていますので、最初の製品がうまくいかなくても、容易に変更ができるように思えてしまうかもしれません。   給与計算であれば、利用するのは人事担当者だけですので…もっと読む »

勤怠管理システムに似て非なるもの vol.366

スマホが普及し、クラウドサービスが一般化してきた背景もあり、打刻などによる労働時間を扱うサービスが増えてきています。   ・勤怠管理(労務管理、給与計算に必要な集計) ・工数管理(どのようなことに時間を使ったの…もっと読む »

要件定義に絶対的な正解はない vol.365

勤怠管理システムを導入する際、初期設定が必要になります。 初期設定の内容を決めることを一般的に「要件定義」といい、システム化の成功可否を分ける重要な工程となります。 要件定義は、就業規則や労働時間管理の方法(変形労働制、…もっと読む »

権限の設定はシンプルに vol.364

勤怠管理システムには時間と休暇を管理する為、いろいろな機能に権限を設定することができます。 例えば、申請書の承認権限、勤務予定の登録権限、勤務表の修正権限などです。   権限は、一般的に組織と役職により、その範…もっと読む »

勤怠管理システムの成功要因 vol.363

勤怠管理システムの導入に失敗してしまうケースが多く散見されますので、システム化の成功要因をお伝えしたいと思います。   <システム化の成功> 勤怠管理システムの成功とは、「業務が効率化すること」に尽きます。 &…もっと読む »

製品やサポートの良し悪し vol.362

勤怠管理システムにおける製品、サポートの良し悪しを検討する場合、同じタイプの製品で比較する必要があります。   タイプ別の比較は以下の通りです。   メーカー設定タイプ 初期費用は高いが、導入(初期設…もっと読む »

グループ会社の勤怠管理システム vol.361

グループ会社で、勤怠管理システムを検討する場合、 ・1つのシステムで運用するか? ・個別の製品で運用するのが良いか? 迷うことがあるかと思います。 以下、検討の参考にしてみてください。 管理部門の多くが共通で、別の会社の…もっと読む »

先頭に戻る