勤怠管理ブログ

課題が分かれば、解決策が分かる vol.214

勤怠管理システムの導入相談をお受けしたほとんどのお客様は、勤怠管理の業務を改善させる為に、システムの導入や入替を検討されています。 導入相談の始めにお客様が感じている課題をお聞きするのですが、その内容により解決策は異なり…もっと読む »

勤怠管理システムが普通の時代に vol.213

勤怠管理システムを利用して業務を効率化しましょう。 最近、よく聞く言葉だと思います。 1分単位での労働時間集計 役職や部門により異なる時間集計ルールの併用 有給休暇の日数・時間管理 打刻忘れの日々確認 残業時間の日々確認…もっと読む »

勤怠管理の外部委託はかなり大変 vol.212

給与計算、社会保険手続きの外部委託は一般化していると思います。 しかし、勤怠管理の外部委託はかなり大変です。 その理由は「厳格なルールによる運用が難しい」という点です。 給与計算、社会保険の手続きは、厳格なルールがあり、…もっと読む »

在宅勤務と交通費 vol.211

在宅勤務が常態化してきたので、通勤手当を実費精算に変更することになった。 事務所への出社回数や在宅勤務の回数を勤怠管理システムでカウントできないか? という相談を立て続けにいただきましたので、一般的な方法をお伝えします。…もっと読む »

テレワークと勤怠管理システム vol.210

テレワークに適した勤怠管理システムを紹介してほしい。 最近、このような相談が増えてきましたので、テレワークと勤怠管理システムについてお伝えします。 結論からお伝えすると、クラウドで提供されているものであれば、ほとんどの製…もっと読む »

システムの良し悪しは設定状況による vol.209

勤怠管理システムの製品評価が、同じ製品にもかかわらず、大きく異なることが、ありませんでしたか? ある会社の担当者に聞くと、すごく良い、おすすめ! 別の会社の担当者は、やめた方が良い、入れ替えたい! 勤怠管理システムの場合…もっと読む »

タイプの違いをイメージする vol.208

勤怠管理システムは、メーカー設定タイプと自社設定タイプの2つに分けられます。 「どっちがいいですか?」と聞かれることが多くありますので、車の移動に例えて分かり易くお伝えします。 製品タイプを車の移動に例えると  メーカー…もっと読む »

勤怠管理システムの入れ替え基準 vol.207

最近は、勤怠管理システムの入れ替えをご相談いただくことが多くなってきましたので、その判断基準について私の考えをお伝えします。 勤怠管理システムは、できれば入れ替えないほうがよいものです。 その理由は、主たる利用者が現場の…もっと読む »

システム化の順番は逆から! vol.206

店舗や施設がある企業の業務は、  1.シフト(勤務予定)作成    <シフトを元に>  2.勤怠管理(打刻や申請、休暇管理など)    <勤怠管理を元に>  3.給与計算 の流れで進んでいきます。…もっと読む »

営業担当者の特長 vol.205

勤怠管理システムの営業担当者から、運用ルールを必要以上に細かく聞かれたことはありませんか? 実はその担当者、レベルが高いかもしれませんよ。 勤怠管理は、お客様毎に運用ルールが異なる為、その機能があっても対応できる場合と対…もっと読む »

先頭に戻る