勤怠管理ブログ

勤怠管理システムの入替基準 vol.231

最近、勤怠管理システムの入替相談をお受けすることが多くなってきましたので、システム入替の検討基準をお伝えします。 質問: 現状の勤怠管理システムにより、働き方改革関連法への対応が自社でできていますか? YESの場合、現状…もっと読む »

固執しない vol.230

勤怠管理システムをうまく導入し活用するポイントは、固執しないことです。 1.今までの業務ルールに固執しない システム化以前の業務はタイムカードやExcelの運用を前提として最適化されていると考えられます。 システム導入後…もっと読む »

勤怠管理システムの構成要素 vol.229

勤怠管理システムは主に以下の3つから構成されています。 ・時刻の記録(打刻) ・労働時間の集計 ・休暇の管理 時刻の記録(打刻) Webの専用ページから、出退勤ボタンを押す方法や、専用機器やカードリーダーに、ICカードを…もっと読む »

2020年の総括と2021年の展望 vol.228

<2020年の総括> 新型コロナウィルスの影響により、勤怠管理システムを導入する会社は急激に増加しました。 コロナ禍により従来通りの働き方が困難となり、テレワークや時短勤務など、働き方の多様化が進んだ為と思わ…もっと読む »

勤怠管理システムの選定に必要な情報 vol.227

Webでの情報取得が一般的になり、勤怠管理システムの製品情報は少し調べれば容易に取得できます。 そんな中、システム選定に必要な情報とは、「情報を整理し、選別する基準」です。 機能や価格、各社のビジネスモデルなどにより、勤…もっと読む »

客観的に比較し、主観的に判断する vol.226

勤怠管理システムを選定する場合のポイントは、「客観的に比較し、主観的に判断する」です。 勤怠管理システムは、各社のビジネスモデルにより、価格や機能、サポートレベルが全く異なります。 ・自社設定タイプ ・メーカー設定タイプ…もっと読む »

情報量の差が大きすぎる vol.225

勤怠管理システムは、導入を検討しようとしたときに、売り手と買い手の情報量に圧倒的な違いがあります。 家電や文房具等などは、レビューサイトがあったり、体験談を公開していたり、利用者側の情報を得やすい状況にあります。 しかし…もっと読む »

勤怠管理の業務改善は『人』が主役 vol.224

勤怠管理システムを活用できている会社は、良い製品を利用していからだと考えてしまっていませんか? 製品の良し悪しも少しはありますが、それ以上に大事なのは、そのシステムを利用する『人』です。 勤怠管理システムは、勤怠管理の業…もっと読む »

製品比較はできていますか? vol.223

勤怠管理システムは、各製品、メーカーによって、さまざまな提供形態があります。 オンプレ(買取型) クラウドの自社設定タイプ クラウドのメーカー設定タイプ 製品比較をする場合、まず上記のタイプを絞って、そのタイプの中で製品…もっと読む »

価値ある情報に気づいてもらう vol.222

勤怠管理システムとして、多くの製品が出荷されています。 Webページには製品の機能や特徴など、いろいろな情報が掲載されており、正確な情報が取得できます。 しかし、その情報を元に製品選定を行おうとすると、かなり難しい事に気…もっと読む »

先頭に戻る