リモートワーク勤怠管理EX

リモートワーク勤怠管理システム

リモートワーク勤怠管理システム「勤怠管理 EX」は、勤怠管理はもちろん、交通費などの経費対応や勤怠データと連携するスケジュール機能、会議室などの予約管理機能、メッセンジャー機能、お知らせ機能、および文書管理機能など、リモートワーク(テレワーク、在宅勤務など)の実現に不可欠な要件をサポートするリモートワーク勤怠管理システムです。

勤怠管理EXイメージ

勤怠管理EXの機能

勤怠管理の機能

勤怠管理の機能イメージ

「出退勤(打刻)」「勤怠(シフト)」「申請・承認(ワークフロー)」「集計(レポート)等の勤怠管理で必要な機能をサポート

 

リモートワーク機能

リモートワーク機能イメージ

「スケジュール」「会議室予約」「メッセージ」「文書管理」等のリモートワーク(テレワーク、在宅勤務など)の実現に不可欠な要件をサポート

 

勤怠管理の機能勤怠管理の詳しい機能をご紹介

リモートワーク機能リモートワーク機能の詳しい機能をご紹介

システム構成

「勤怠管理 EX」は、出退勤の確認と集計を処理する「勤怠管理Web」(Web ブラウザ)と、出勤、退勤、外出、および戻りなどの時刻を打刻する「タイムカード・リーダー」、およびモバイル環境からの打刻をサポートする「タイムカード・モバイル」(Webブラウザ)で構成されます。
基本的にWebベースのシステムで、クライアントサイド からWebブラウザ(勤怠管理Web、タイムカード・モバ イル)とタイムカード・リーダーによりアクセスします。

ドキュメントの機能イメージ

動作環境

「勤怠管理 EX」の動作環境は次のとおりです。

項目 動作環境
クライアントサイド(勤怠管理Web)(タイムカード・モバイル) Webブラウザ Internet Explorer|Microsoft Edg|Chrome|Firefox|Safari各最新版 表示イメージはWebブラウザにより異なる個所があります。
スマートフォン(Webブラウザ) iOS|Android(Chrome|Firefox|Safari)
クライアントサイド(タイムカード・リーダー) Green Nuts Plus (エムズ・クリエイティブ)

オンプレミス(自社内でサーバー管理)で運用する場合

項目 動作環境
サーバーサイド Webブラウザ Internet Information Server 7.5 以降 .NET Framework 4
Windows Server 2019 │ Windows Server 2016
DBMS SQL Server 2019|SQL Server 2016

オンプレミス(自社内でサーバー管理)で運用イメージ

ユーザー認証

「勤怠管理Web」のユーザー認証は登録されたユーザー名とパスワードによります。
また、AD(Active Directory)のユーザー認証によるシングルサインオンも可能です。

ユーザー認証イメージ

サポート

一般に勤怠管理システムはご利用のお客様ごと、勤務スタイルごとに勤務パターンや休暇タイプなどの登録や設定が必要となります。「勤怠管理 EX」のご利用に当たっては、これらの初期設定などをお客様任せにすることなく、導入から運用まで、お打ち合わせ、電話、メールなどを組み合わせてしっかりサポートさせていただきます。

サポートイメージ

導入までの流れ

  • ステップ1 お問い合わせ
  • ステップ2 カウンセリング
  • ステップ3 申し込み
  • ステップ4 利用開始

お問い合わせはこちらから

勤怠管理EXに関する資料の請求、デモの依頼、お見積り等、お気軽にお問い合わせください

コンサルティング パートナー

  • コンサルティングパートナーBestKintai
先頭に戻る