沿革

株式会社Knowlbo(ナルボ)が設立された1986年は、Microsoft社が設立されて11年後、Apple 社が Macintosh が発表された2年後のことです。(まだ汎用機全盛の時代で一般業務にはPCなどは全く使われていない時代でした。)

株式会社Knowlboの主な沿革(ソフトウェア開発)は次のとおりです。

内容 備考
1986年 株式会社Knowlbo設立  
パーソナルワープロ上のグラフシステムの開発  
1987年 パーソナルワープロ上の表計算システムの開発 輸入システムの日本語化ではなく、Knowlboが1から作成した国産のスプレッドシート
1988年 「PC Pops Library」のリリース MS-DOS上のGUIライブラリ
1989年 「Over Look」のリリース MS-DOS上のプレゼンテーションツール
1991年 ビジュアル・プログラミングツールの研究開発 VisualBasic2と比較開発
1992年 UNIX上の表計算システムの開発  
1995年 U.S. Symantec C++統合開発環境の日本語ローカライズ  
1996年 インターネット接続TVの関連ツールの開発
インターネットフォンの開発
分散共有文書フレームワークの調査・試作
 
「タイムコレクション」のリリース 時計、カレンダ、タイムチャートOCXコンポーネント
「コミュニケーションコレクション」のリリース インターネット通信、音声、画像OCXコンポーネント
1997年 XML数式エディタの開発 数式エディタのActiveXコンポーネント
1998年 業務系コンポーネント(COM/DCOM)の調査・試作  
「データアクセスコレクション」のリリース グリッド、テキストボックスActiveXコンポーネント
「スーパーグリッド」のリリース
スーパーテキストボックス」のリリース
タイムビュー」のリリース

タイリングボタン」のリリース
クイックソケット」のリリース
ActiveXコンポーネント
1999年 三次元数式グラフの開発 数式エディタのActiveXコンポーネント
「コミュニケーションボード」のリリース ActiveXコンポーネント
Javaタイムビューコンポーネントの試作 Javaコンポーネント
TBSスタジオ予約管理システムの開発 ActiveXコンポーネントを利用
ワークフローシステムの調査・試作  
2000年 「クイックFTP」のリリース ActiveXコンポーネント
「Word Reports」のリリース MS-OfficeのCOMアドイン
パーソナルロボットの基本ソフトウェアの開発  
2001年 コンシュマー向け製品受注Webシステムの開発 国内最初の商用 .NET プラットフォーム Web システム パスポート テクノロジの採用
  e-ハンコ」のリリース ActiveXコンポーネント
2002年 e-スタンプ」のリリース MS-OfficeのCOMアドイン
SAP/R3基幹業務システムのフロントエンドの開発  
電子カルテシステムの開発  
「Time Scheduler .NET」のリリース メンバスケジュール、設備予約、プロジェクト管理
2004年 「なっちゃん2」のリリース  
2005年 ワークフローEX」のリリース Excel稟議書から本格的なワークフローの実現
2006年 来訪管理受付システム「なっちゃん3」のリリース 来訪者の入退管理を円滑にサポートする来訪予約システム
2009年 プロジェクト管理EX」のリリース  
2011年 グループウェア「OfficeView」のリリース 必要な機能だけを選んで利用できるクラウド・グループウェア
2012年 OfficeView「チーム予定パーツ」のリリース  
OfficeView「メッセージパーツ」のリリース  
2013年 データセンター(クラウドサービス用)の設置  
OfficeView「レポートパーツ」のリリース  
2014年 Microsoft Azure(クラウドサービス用)の移転  
OfficeView「メールパーツ」のリリース  
2015年 「タブレット決裁」のリリース  
タイムカードEX」のリリース カードやタブレット端末をタッチするだけで簡単に打刻できる勤怠管理システム

 

 

先頭に戻る