勤怠管理ブログ

答えは現場にあるが・・・ vol.132

勤怠管理システムの導入を進めていてよく思うことは、「答えは現場にあるが、それを引き出せるのは人事である」ということです。 現場では、勤怠管理の方法に関する疑問や課題、解決策などを分かっているケースが多くあります。 しかし…もっと読む »

目的の違い vol.131

勤怠管理の目的と勤怠管理システムの目的の違いをお伝えします。 勤怠管理の目的は、労働時間や休暇の取得状況を管理することです。 勤怠管理システムの目的は、勤怠管理の業務を効率化することです。 勤怠管理システムを導入すると、…もっと読む »

勤怠管理システムの導入を成功させるには、失敗を避けることです。 成功とは、業務が効率化した! 労務管理が強化された! 不正がなくなった! など、各社それぞれ異なります。 しかし、失敗は、各社同じ現象になります。 ・従業員…もっと読む »

社内の根回しが重要! vol.129

勤怠管理のシステム化で成功の鍵となるのが、社内の根回しです。 勤怠管理システムの導入は、現場の従業員から歓迎されません。 人事部門だけで進めてしまうと、いざ稼働となったときに現場の協力を得づらくなってしまいます。 システ…もっと読む »

働き方改革関連法の改正と勤怠管理 vol.128

2019年4月の働き方改革関連法の改正に向けて、勤怠管理システムを導入する会社が増えています。 今回は、その法改正と勤怠管理について、かなり端折ってシンプルにお伝えします。 勤怠管理でのポイントは以下の3点です。 1.管…もっと読む »

変わるもの、変わらないもの vol.127

勤怠管理システムにおいて、時刻の記録方法(打刻)は多様化され、新しい方法が次々と出されています。 労働時間の管理方法は、時代に合わせて変化し、告知や抑止の方法は進化しています。 しかし、記録された時刻をもとに労働時間を計…もっと読む »

日々のお打合せにて、タイムレコーダーと勤怠管理システムが曖昧になっているケースが多くありますので、今回はあらためてその違いをお伝えしたいと思います。 タイムレコーダーとは、出勤や退勤等の時刻が記録できるものです。 勤怠管…もっと読む »

振替休日と代休 vol.125

勤怠管理システムの設定内容でよくお話ししていることをお伝えしたいと思います。 「振休申請と代休申請は併用せず、どちらかの申請書のみとする」 休日に出勤する場合、振休(振替休日)が前提か、代休の取得が前提か、休日出勤手当の…もっと読む »

2018年の総括 2018年においては、働き方改革関連法の改正が決定され、2019年4月の施行を見据えた勤怠管理システムの新規導入が加速され、新規導入件数は膨大に膨れ上がりました。 また、東京では裁量労働制のアンケートが…もっと読む »

働き方改革関連法の改正により、4月から残業の上限が規制されます。 それに伴い、時間外労働時間の算出項目を新たに設定する必要がありますので、お伝えしたいと思います。 2019年3月迄の時間外労働の合計時間算出は、36協定や…もっと読む »

先頭に戻る