プロジェクト化に必要不可欠なもの vol.101

プロジェクト化に必要不可欠なもの vol.101

勤怠管理システムの新規導入プロジェクトに必要不可欠なものは、「外的要因」です。

勤怠管理システムは、人事担当がどんなに望んでも、プロジェクト化して進めることは難しいものです。

労働基準監督署からの指導、未払い残業代請求、株式公開など、経営者の考えが変わる大きなインパクトが必要です。

今までのお問合せや商談、導入を経験する中での経験値によるものですが、このような外的要因がない場合は、人事担当者の努力が無駄になってしまう可能性が高いです。

もし、勤怠管理システムの導入を指示された場合、その背景に何があったのかを把握しておくことをお薦めします。

労働時間を管理すること自体に、疑問を持っている経営者の方も少なくないですので。

先頭に戻る