PDC05 in Los Angels 体験レポート


アメリカ、ロサンゼルスで行われたマイクロソフトのカンファレンス「PDC05」に、弊社スタッフ2名が参加しました。


2005/09/11(Sun) Los Angeles 到着

◆Los Angeles 周遊
  時差ぼけ防止も兼ねて他の PDC05 参加者の方たちと、西海岸〜ビバリーヒルズ〜ファーマーズマーケット〜ハリウッドを観光バスに乗って巡りました。長旅を終えた直後のスタートだったため、みなさんお疲れ気味のようでしたが、Los Angeles のメインスポットを大方観ることができ、各所とも滞在時間は僅かではありましたが、とても楽しかったです。
  
  Los Angeles は、気温は高いのですが湿度が低いため過ごしやすい気候でした。なぜかロスの椰子の木は、異常に背が高く、高層ビルなどない場所では、椰子の木だけがやけに目立っているのが印象に残りました。

西海岸に癒される 西海岸の椰子の木 西海岸の大砲
車窓から見たビバリーヒルズ ビバリーヒルズの人々 Los Angeles の街並み

◆ファーマーズマーケット
  ファーマーズマーケットではお昼休憩があり、まるでアジアの屋台のようにごちゃごちゃと様々なお店が密集した不思議なマーケットで、名物だというフレッシュオレンジジュースと、アメリカらしい大きなハンバーガーを食べました。

ファーマーズマーケット お店がぎっしり 嬉しそう
マーケットの様子 並ぶ人々 過激なジョークが!

◆HOLLYWOOD
  ハリウッドでは、かの有名な“HOLLYWOOD”という文字を型取った看板を遥か向こうに望むことができました。また、有名人の手形、足型を見れたことも印象深かったです。中でもマリリン・モンローの手形はとても人気が高いらしく、何度きれいにしても、すぐに黒く汚れてしまうのだそうです。

スターウォーズの足形 チャイニーズシアター マリリン・モンローの手形
アルパチーノと握手 レッドカーペッド HOLLYWOOD



2005/09/12(Mon) PDC05 1日目

◆Convention Center
  PDC05 は Los Angeles の Convention Center という会場にて開催されました。まず感じたことは、会場の規模が大きい(受講者も大きい!)ということです。
  
  レジストレーションを行ってから、BIG ROOMというエリアにて朝食を摂り、『スマートクライアントと.NET 2.0』というセッションを受けました。このセッションでは、カンファレンスの途中に当然の様に受講者が質問を投げかけ、スピーカーもそれに答えるというリラックスした雰囲気の中で行われており、敷居の低い、受身ではない参加型のスタイルで行われていました。こちらでは データソースウィンドウという機能などが紹介されており、ドラッグ&ドロップするだけでデータソースの追加が行えるという機能などが紹介されていました。

カンファレンス会場 WELCOME 送迎バス付
レジストレーション 会場内の垂れ幕 会場内 Big Room
食堂 プレカンファレンスの様子 ネットワーク環境ばっちり



2005/09/13(Tue) PDC05 2日目

◆プレカンファレンス
  『Visual Studio Tools for Office』というセッションを受講しました。
  こちらでは、つまらないセッションもしくは目的と異なるセッションだと判断されると、聴衆が躊躇なく退室していくようです。この日は運悪く、ロスの街が大停電となり、その影響なのか休憩を挟んだ後、プロジェクターの調子が悪くなり投影ができずに、質疑応答の形式を余儀なくされると、受講者は次第に数を減らし、気付くと会場の半分は空席となってしまいました。講師の方は明らかに覇気をなくし、それが更に退席者の増加に拍車をかけてしまっていました。
  
  この日のセッションの内容としては、
   ◆VSTO によって、Office ツールへのカスタマイズの効率は飛躍的に高められる。
   ◆VSTO2003 と 2005 はアセンブリのロードのされ方が違う。
    ⇒2005 はユーザーコードを書くことなく、カスタマイズすることもできる。
   ◆ドキュメントデザイナーを使い、視覚的にカスタマイズすることができる。
    ⇒フォーム表示部分に Excel もしくは Word が表示され、フォームと同様にコントロールを追加したり、コードを追加することができる。
   ◆データバインディングも簡単などというものでした。

プレカンファレンスの様子 講師の方々 質問待ちの列

◆懇親会
  また、この日は PDC05 ツアー参加者の方たちとの懇親会が催されました。こちらでも停電の影響を受け、始めにセッティングされていたレストランが急遽変更されていました。

懇親会の様子 Los Angeles の夜景 懇親会会場のそば
名刺交換 マイクロソフトの方々 和やかに



2005/09/14(Wed) PDC05 3日目

◆Bill Gates 氏登場!!
  PDC 本番の初日は、Bill Gates 氏の登場で華々しい熱気に包まれ、キーノートの会場へ向かう人々の様子も心なしか浮き足立った様子でした。
  私たちが会場に着いたのはキーノート開始の 15 分程前だったのですが、会場は既に人がひしめき、満席状態となっていました。
  Bill Gates 氏は、さすがにパフォーマンスにも長けていて、セッションの途中に本人出演のショートムービーを流したりして観衆を喜ばせていました。
  淀みなく言葉が出てくるのもさすがであり、私たちの席から演壇はとても遠かったのですが、存在感が十分伝わってきました。

浮き足立つ人々 登場を待ち詫びる様子 満員御礼
Bill Gates 氏 遠い! 恒例ショートムービー

◆Windows VISTA 紹介
  ユーザーインターフェースの充実
  3D 表示や、タブ表示など見た目がかっこいいものになっていました。
  デスクトップにてタスクバーの上でマウスオンすると、メニューがサムネイル表示され、ツールアイコンも 3D で洗練されたユーザーインターフェースとなっていました。
  デザイン性も高くなっており、メニューアイコンが充実していて、操作性も向上。
  セキュリティ面も強化されて、ログオン情報に ChildVer など選べ、機能を制御できたりする画期的な設定もありました。

VISTA のテーマ Windows Vista Vista の投影

◆Office12
  Office でも複数のファイルをサムネイル表示可能となっており、サムネイルから該当するファイルを検索したり、情報を表示することが可能となっていました。
  たとえば Excel のアプリを使用していても、word や ppt などのファイルも一覧表示できるのでとても便利だと感じました。
  装飾機能が強化され、テーブルのフォーマット機能などの提供により、デザインを選択するだけで簡単に華やかなテーブルを作成できていました。
  追加できる四角などの図形の表示も 3D 形式や角丸などたくさんのデザインが追加されていました。
  Excel では印刷時に表示範囲を調整するのが面倒でしたが、印刷のための調整ツールがつき、簡単に紙の範囲内に情報を収めることができるようになっていました。
  操作性、アプリ間の情報のやりとりに優れ、便利な機能が満載でした。

Office 12 The Next Step 講師の方



2005/09/15(Thu) PDC05 4日目

◆Don Box 氏のセッション
  カリスマ講師である Don Box 氏のセッションを受けてきました。
  大きな会場に受講者がほぼ満員の状態でセッションは開始され、コマンドプロンプトを使用してのデモンストレーションはとても技術職の濃い雰囲気を醸し出していました。
  Don Box 氏は俳句が趣味なのか、各セクション毎に英語の俳句を披露していました。
  コードを打ち込む役割の講師と、講演を行う Don Box 氏とでセッションは行われ、各セクション毎に異なるコード打ち込みの講師は自分の役割を果たすと、感極まってか Don Box 氏と熱い抱擁を交わしてから舞台の袖に降りていました。
  ドン・ボックス氏の圧倒的な存在感を感じた瞬間でした。

Don Box 氏 会場の周辺 休憩コーナー
リラックスコーナー COMMNET コーナー ホテルからの眺め

◆Universal Studios HOLLYWOOD
  ユニバーサルスタジオでは、午後19時から PDC の参加者貸切でたっぷり楽しむことができました。
  園内には屋外に簡単なバーやお菓子コーナーなども設置されており、お祭りのような雰囲気となっていました。
  ジュラシックパークに始まり、バックドラフト、MUMMY などの乗り物に乗り、満喫しました。
  夜ご飯は、定められたエリア内で好きなレストランでの食事が振舞われました。

Universal Studios HOLLYWOOD 入り口 貸切の垂れ幕
美女といっしょ ファイヤーダンス Vista の投影
お祭りみたい 着物でハンバーガー ベイブといっしょ



2005/09/16(Fri) PDC05 5日目

◆ジェネラルセッション
  この日のジェネラルセッションは、IIS7 についてでした。
  IIS7 では module を簡単に上書きすることができ、Update が簡易な反面、テストサーバーと本番サーバーの最低二台を用意する必要がありそうです。
  エラー画面が表示されたブラウザに module をドラッグ&ドロップするだけで更新が可能だというデモは圧巻でした。
  また、展示ブースにて、実際に VISTA の Windows の斜め重ね表示を体験することができました。

Los Angeles 夜明け 食堂 朝ごはん
ジェネラルセッションの様子@ ジェネラルセッションの様子A ジェネラルセッションの様子B
VISTA 画面説明 VISTA ファイルシステム説明 VISTA 体験コーナー



2005/09/17(Sat) PDC05 6日目

◆PDC 最終日
  とうとう PDC 最終日となりました。
  最終日の特別なイベントはなく、14 時半には PDC カンファレンスは終了となりました。
  マイクロソフト販売コーナー(?)にて本などがディスカウント価格で購入できました。

購買コーナー 閑散とした会場周辺 セッションの様子

◆ハイライト講習会・懇親会
  ホテルに戻り、日本のマイクロソフト主催のPDCのハイライト講習会を受けました。
  ASP.NETアトラス、Office 系セッション、データカテゴリ、Indigo、Windows プラットフォーム内部の動作について、Windows Vista での日本語フォントの変更点などテーマをハイライトで受講することができました。
  また、最後に現地の講師の Doug Purdy 氏、Steve Swartz 氏との質疑応答の場も用意されておりました。
  その後、懇親会の席が設けられ、PDC ツアーは無事終了となりました。

Doug 氏のセッション Doug 氏のセッションのデモ ハイライト講習会 近藤氏
WINFX ハイライト講習会 伊藤氏 Doug 氏、Steve 氏
最終日の懇親会 西谷氏 西谷氏、佐藤氏



◆PDC05 を振り返って
  アメリカにて PDC05 に参加したことにより、現地の方たちの技術への素直な好奇心や姿勢を目の当たりにして、自身の物の見方へも何かしらの変化があったように思えます。
  また、日本から来る方の中には、他の会社との関係性を高めたり、またこちらの技術者の雰囲気を感じてモチベーションを上げるために来ている方も多いということだけあり、参加者の方々は著名な方も多く、そんな方たちとお話させていただく機会を持たせていただいたこともとても有意義なことだと感じました。
  PDC05 を通してとても貴重な経験をすることができました。



© Knowlbo, Inc. All rights reserved