スケジュール

選べる表示モード、直感的な操作性で簡単スケジュール管理

グループウェア OfficeView のスケジュール管理パーツの画面

グループウェア OfficeView のスケジュール管理パーツは、メンバや部署単位のスケジュール管理と共有をサポートします。また、チャート表示(月単位、週単位、日単位)をサポートし、表示モードを切り替えて利用することが可能です。 部署が選択された場合は、その所属メンバのプレゼンス(現在の状況)がリスト表示され、スケジュールがチャート表示(週単位、日単位)されます。

テキスト表示モードとグラフ表示モード

スケジュール管理パーツのチャート表示では、テキスト表示モードとグラフ表示モードを任意に切り替えて利用することができます。 テキスト表示モードでは、内容ベースで件名の長いものもすべて表示することができます。 グラフ表示モードでは、時間軸ベースで予定のありなしをひと目で確認することができます。

吹き出し表示

スケジュール詳細の吹き出し表示

スケジュールのチャート項目にマウスカーソルを合わせると、設定されたスケジュール内容を吹き出し表示させることができます。

ドラッグ&ドロップによる操作

グループウェアOfficeView ドラッグ&ドロップによるスケジュール入力

スケジュールのチャート項目はドラッグ&ドロップで簡単に入力することができます。 また、あとから時間の移動や変更も可能です。

指定のアクセス権限に沿ってスケジュールを共有

管理者が設定した適切なチームやメンバに対して、各人のスケジュールを共有させることができます。 また、「公開レベル」を設定することで、各人のスケジュールへのきめ細かいアクセス権限をサポートします。

一目で簡単にスケジュールを共有

部署、チーム、グループ、メンバによるスケジュール共有

部署、チーム、グループ、メンバによるスケジュールの共有

スケジュールの共有は、部署、チーム、グループ、メンバに対して指定することができます。 共有するグループとメンバは、そのスケジュールを見ながら予定を立てることができます。

プレゼンス(メンバの現在の状態)

各メンバの現在の状態を表示

スケジュール・パーツではスケジュールだけでなく、プレゼンス(メンバの現在の状態)も共有することができます。 部署が選択されるとその所属メンバのプレゼンスリストが表示され、メンバの状態を確認することができます。 また、プレゼンスはチャート項目として表示させることもできます。

ホリデイ(祝祭日)設定

休日、祝祭日の設定と表示

管理者により登録された祝祭日や任意の特定日などは、スケジュール表のチャート表示に反映されます。

ニーズにあわせたスケジュール登録

スケジュール管理パーツでは、様々なスケジュール登録方法をサポートします。

定期登録

スケジュールは定期登録をすることができます。
定期登録はその期間を指定し、定期タイプ(毎日|毎週|毎月週|毎月日)と、曜日や日を指定します。

マージン(移動)時間指定

社外ミーティングの移動時間もスケジュールに登録できます

スケジュールは、その前後に移動時間などのマージン時間を指定することができます。 グラフ表示モードにおいて拘束時間や空き時間を直感的に確認することができます。

暫定登録

スケジュール・パーツは、暫定登録(仮予約)もサポートしています。 暫定登録のスケジュールの件名表示には「暫定」などの文字を付加することができます。

直行と直帰指定

直行と直帰指定

スケジュールに直行と直帰も指定することができます。直行と直帰のスケジュールの件名表示には「直行」、「直帰」などの文字を付加することができます。

先頭に戻る