レポート

OfficeViewによるレポートソリューション

 

レポートパーツは、指定のデータテーブルのデータをレポートシート(Excelファイル)としてダウンロードすることができます。(このデータテーブルを「レポートソースデータテーブル」、あるいは「レポートソーステーブル」とよびます。)

レポートシート(Excelファイル)のひな形はあらかじめ登録しておき、レポート時にデータが流し込まれます。(データは任意のカラムをキーに検索可能です。)それぞれのレポートシートへのアクセスは権限設定により制限することも可能です。

 

データテーブルとレポートシートのデータ項目はデータテーブルの「カラム名」とレポートシートの「セル名」により関連付けます。レポートシートの各列(セル)にセル名を付与することで、そのセルの下の行からデータテーブルのデータが流し込まれます。

先頭に戻る