クラウドとオンプレミス

システム構成は、クラウド型とオンプレミス型から選択可能

グループウェア OfficeView は、データセンターを利用したクラウド型、社内LANに設置するオンプレミス型の、どちらの構成にも対応する導入方法をご用意しています。

グループウェア OfficeView の利用形態(クラウド、オンプレミス)

グループウェア OfficeView のご利用形態の比較

  オンプレミス型  クラウド型 
コスト △初期のコストが高い
○自社インフラを利用できる
○長期利用でコストが下がる
○初期のコストが安い
△自社インフラを利用できない
○長期利用でコストが高くなる
カスタマイズ ○社内システムと連携できる △社内システムとの連携が制限される
導入 △導入時の構成を考慮する必要がある  ○導入開始時期が早い 
○導入時のリスクが少ない 
運用  △運用コストが常時発生する
△維持コストがかかる
○運用コストを抑えられる
○維持コストがかからない 
先頭に戻る