ワークフローEXの新機能「タブレット決裁オプション」をリリース

ワークフローEX

 株式会社 Knowlbo(ナルボ)(本社:渋谷区広尾1-10-4、代表取締役社長:斎藤友男)は、Excel で作成した稟議文書をそのままワークフローにのせることができるワークフローEXの新機能として、iPad などのタブレット端末からワークフローの決裁を実現する「タブレット決裁オプション」を2015年2月12日にリリースする事を発表します。

 

 「タブレット決裁オプション」は、iPad、Windows、Androidなどのタブレット端末において、ワークフローEXで申請された稟議書の承認状態を確認し、そのまま決裁を実施する事が可能になります。これにより普段タブレット端末しか持ち歩かない経営者層や外出が多い役職者の方々はタイムリーに稟議書を確認し決裁する事ができるようになります。

タブレット決裁オプションの動作環境は下記のとおりです。

(webブラウザにより表示イメージが異なる箇所があります。)

項目 動作環境 備考
タブレット Internet Explorer 10 以降 互換表示OFF。
Safari 7 以降
Chrome 37 以降
ディスプレイサイズ 8インチ以上
解像度 1024x768以上
タブレット決裁オプションの製品概要

 

■ワークフローEXについて

「ワークフローEX」は申請フォームとして、Excel、Word、およびPDFのドキュメントをそのまま利用することができるドキュメントフローシステムです。つまり、現在ご利用のドキュメント(Excel、Word、およびPDF)をそのまま利用することができ、運用イメージを変えることなくワークフローをシステム化することができます。これは運用後のドキュメントの追加や変更など、メンテナンスコストにおいても大きなメリットがあります。

ワークフローEXの製品概要

 

 

■株式会社 Knowlbo(ナルボ)について

 1986年に小型コンピュータのソフトウェア開発に注力すべく設立された株式会社Knowlbo(ナルボ)は、組織活動をスムーズに運用するための「グループウェア(情報共有ツール)」と、アプリケーションをスピーディに開発するための「コンポーネント(ソフトウェア部品)」を中心にソフトウェアやサービスを開発・販売しています。

 主力製品の「ワークフローEX」は、申請フォームとして、Excel、Word、およびPDFの文書ファイルをそのまま利用することができるドキュメントフローシステムで、大企業から中堅中小企業、公共機関などで150社、50,000人以上(2014年12月末現在)にご使用頂いております。また、必要なパーツだけを選んで使えるクラウド型グループウェア「OfficeView」、来訪者の予約、受付におけるスムーズな入館処理、およびスピーディな退館処理と入退館ログをサポートする来訪管理受付システム「VisitView (愛称: なっちゃん3)」についても、多くの企業、公共機関よりご採用頂いております。

 

■本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社 Knowlbo(ナルボ) 担当:プロダクト広報(阿久津 彩)

電話番号:03-5793-8880

E-Mail knocx_pr@knowlbo.co.jp

 

■製品に関するお問い合わせ先

株式会社 Knowlbo(ナルボ) 担当:製品カスタマイズ営業

E-Mail customize@knowlbo.co.jp

 

ワークフローEX

ワークフローEXは、ExcelブックやWord文書をそのまま利用して電子決裁可能なワークフローシステムです。

手軽でありながら、他システムとの連携に必要なアダプタを備え、実用的で堅実な電子決裁、承認システムを構築することが可能です。

≫ ワークフローEX 製品情報

≫ ワークフローEX 導入事例

ワークフローEX「タブレット決裁」についてご興味をお持ちの際は、右上の資料請求ボタンより是非、お気軽にお問合せください。

先頭に戻る